2020.4.3

新型コロナウイルスへの当センターの対応について

新型コロナウイルス感染拡大に対し、当センターでは政府や専門家会議が発表する感染経路等の情報を常時把握し、できる限り感染しにくい環境を作り、皆様に安心してヨガをしてただけるよう努めております。

 

具体的に、下記の「3防」を徹底しております。

1.「3密」を防ぐ

感染しやすい「密閉」「密集」「密接」の3密状態を防ぎます。 クラス前後はもちろん、クラス中も窓を常時開け、定期的に空気の入れ替えをします。暖房は強めにかけますが、気温が少し低く感じられる場合がありますので、普段より厚着をお願いいたします。

また、生徒さん同士の間隔を1.5m以上確保し、密度を低くします。状況によっては、2階でお受けいただくこともございますので、ご了承ください。

インストラクターによるアーサナのアジャストは必要最低限のものとし、特に顔周辺と手には決して触れないように行います。

クラス前後の会話等も1m未満の近距離を避け、できうる限り密集状態を防ぎます。

 

2.飛沫を防ぐ

咳やくしゃみ、大声での会話、歌などから発せられる「マイクロ飛沫」によって感染する例が多く報告されています。これを防ぐため、インストラクターはもちろん、生徒の皆様全員にもクラス中のマスク着用をお願いしております。マスクがない方には咳エチケットを徹底いただくよう周知します。マントラも通常時よりも短いものにします。クラス前後も常時マスク着用を徹底し、会話時においても徹底して飛沫を防ぎます。

 

3.接触を防ぐ

他のウイルスと同様、代表的な感染経路が手に接触したウイルスが目、鼻、口などから入りこむ接触感染です。インストラクターが常時手指の洗浄・消毒を徹底することはもちろん、受付に手指消毒用アルコールを設置し、ご来場の生徒さんの手指消毒をお願いしております。また、ドアノブ等不特定多数が触る場所の定期的なアルコール消毒、レッスン前後の空間の消毒を実施し、ウイルスに接触しにくい環境を作ります。大変残念なことではありますが、握手やハグなども、当面は控えさせていただきます。

 

 

また、現在熱のある方、咳が出ている方、倦怠感のある方の受講はお断りしております。体調が優れないように見える方には、インストラクターからお声がけさせていただくこともありますのでご了承ください。

  • YouTube ヨガ
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon